びまん性脱毛症

びまん性とは?〜意味〜


びまん性とは、病変がはっきりと限定できずに、広範囲に広がっている状態のことです。
  • びまん性汎細気管支炎
  • びまん性外耳道炎
  • びまん性糸球体腎炎
など「病名」として使われています。

びまん性脱毛症とは?

円形脱毛症などとは違い、広範囲で全体的に髪の毛が薄くなることを言います。

AGAという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
AGA(男性型脱毛症)の女性版、FAGA(女性男性型脱毛症)のことをびまん性脱毛症といいます。

びまん性脱毛症は、40代以上の女性に多いのですが、まれに20代から症状が出る人もいます。
徐々に広範囲で現れる症状なので、かなり進行するまで気付かない人が多いようです。
気付くのが遅れケアが遅れれば遅れるほど症状は悪化します。

40代以降にびまん性脱毛症になった場合は、老化現象と勘違いしてしまう方も多く、手遅れになりがちです。
また、若くしてびまん性脱毛症になってしまった人も、まさか女性がそんなに若くして薄毛になるなんて思いもしないでしょうから、やはり気付くのが遅れるてしまうようです。

急性びまん性脱毛症
急激に大量に髪の毛が抜け、さらにそれが広範囲に渡る脱毛症。
びまん性脱毛症のスピードが早いバージョンです。

びまん性脱毛症の原因


びまん性脱毛症の原因には様々な要因が考えられます。

ホルモンバランスの乱れ・加齢

女性ホルモンは、年齢を重ねると少しずつ減ってきます。
さらに更年期に入るとホルモンのバランスが激しく乱れます。
20代、30代でもストレス等でホルモンのバランスが崩れ、生理不順・肌あれ・イライラするなど不安定になる人も多いのではないでしょうか?

女性ホルモンには、『エストロゲン』・『プロゲステロン』があります。
女性ホルモンは卵巣から分泌されている女性としての機能や身体を維持させる大切な成分です。

特にこの『エストロゲン』が髪の毛の成長に重要です。
成長を促すだけでなく、頭皮の状態を健やかに保つのに役立ちます。

男性ホルモンの『テストステロン』に薄毛になる原因があると言われていますが、この男性ホルモン『テストステロン』は女性も持っています。
年齢を重ねると『エストステロン』の分泌が減っていくので、『テストステロン』が増えているわけでなくてもバランスが『テストステロン』のほうに傾きます。
それが薄毛の原因になる。というわけです。
若くても、ホルモンバランスが崩れて同じような状況になる場合も考えられます。

ピル(経口避妊薬)
ピルの副作用で薄毛が進むこともあります。
ピルとは…経口避妊薬(けいこうひにんやく)のことで、主に避妊に用いられる女性ホルモン剤(薬)です。
生理痛の緩和や月経の周期を改善させるために使用することもあります。
薬なので日本では処方箋がないと購入できません。
ピルの代表的な副作用としては、体重の増加、偏頭痛、吐き気、嘔吐、イライラ、性欲減退、むくみ、膣炎などがあげられます。

ピルの副作用は上記のように色々あるわけですが、ピルの服用をやめた途端急激に抜け毛が増える。ということがあるのです。
これは正確にはピルの副作用ではなく、ピルの飲むことで維持していたホルモンのバランスが崩れたことが原因で起きてしまいます。
産後抜け毛と同じで、身体が急激なホルモンのバランスの変化についていけていないんですね。
しかし、これも産後抜け毛と同じようにほとんどの場合は数ヶ月もすれば落ち着きます。

生活習慣(食生活)の乱れ

生活習慣の乱れは、体力の低下・肌荒れなどを引き起こすだけでなく、薄毛の原因になることもあります。

栄養不足
この時代の日本で栄養不足なんて考えられない。と思ってしまいますが、バランスが崩れてしまって必要な栄養素が足りていない人が多いそうです。
特に人の身体で作ることができないけど大事な栄養素ミネラルが不足している可能性が高いです。
ミネラルは髪の毛の成長に重要な役割を持っているので積極的にとるようにしましょう。
(詳しくは産後抜け毛対策に記載しています。)

むりなダイエット
ダイエットに食事制限はつきものですが、バランスを考えないで決まったものだけを食べ続けたり、急に食べたり食べなかったりを繰り返すと、頭皮だけでなく身体にもよくありません。
若いときはその変化に気づきにくく、ついついそういう無理なダイエットをしてしまいがちですが、このときに弱った毛穴・毛根は後々の薄毛につながります。

睡眠不足
若いうちは多少の無理をしても身体は平気かもしれませんが、気付かないところで変化が起きています。
寝ている間に分泌される成長ホルモン。
睡眠不足や質の悪い睡眠を続けていると髪の毛が細くなり、薄くなり…。

ストレス

ストレスは身体の内外に悪影響を及ぼします。
薄毛の場合は、「薄毛で悩む」ということもストレスの一つなんです。
気にするな。と言われても気になりますが、あまり深く悩みすぎず適度なケアをしてリラックスして過ごしましょう。

冷え・血行不良

最近では、夏でもエアコンのきいた部屋にずっと同じ姿勢でいるため冷え性になった。という人も少なくありません。
汗をかいているのに身体が冷えていたりすることもあります。
「冷えは万病の元」といいますが、冷えにより身体器官の働きが鈍くなり、新陳代謝が落ちてしまいます。
もちろん髪の毛の発育にもよくありません。

間違ったヘアケア

意外に多いのが、間違ったヘアケアをしてしまっている人です。
頭皮の汚れやベタつき、ニオイが気になるからといって、1日に何度もシャンプーをするのは間違いです。
夜も朝もシャンプーしている。という人はやりすぎです。
何十年も前に「朝シャン」という言葉が流行りましたが、これはシャンプー業界が少しでも多くシャンプーを売ろうとした戦略です。

さらに、薄毛が気になるからといって過度のケアをしてしまっている人も多いです。
強すぎるシャンプー、コンディショナーのすすぎ不足、洗い流さないヘア用トリートメントを頭皮にもつけている。などなど。

何事もやり過ぎは禁物ですし、使い方を間違えると効果が半減するどころか、逆効果になりますよ。

びまん性脱毛症の対策


びまん症脱毛症にならないように。
最近髪の毛が細くなった・薄くなったという人におすすめの対策は、先ほどの原因を見ていただいたらわかるように、
  • 規則正しい生活を心がける
  • ストレスをためすぎないようにする
  • 冷え性改善
  • ヘアケアを見直す
が効果的です。

具体的には、
  • バランスのよい食事(育毛に効果のある栄養素を積極的に)
  • 無理なダイエットはしない
  • しっかり睡眠をとる
  • ストレスを感じるものとはいっそこのと「さよなら」してしまう。
  • 頭皮マッサージをする。
  • 夏でも湯船にしっかりつかる。
  • ちょっともったいなくても、今あるシャンプーを香りだけで選んだのであればもう捨ててしまう
  • 育毛剤を使ってみる。(成分をよくチェック)
など、できることから始めてみましょう。

びまん性脱毛症の治療

びまん性脱毛症の疑いがある。と感じた場合は早めに病院へ行きましょう。
育毛外来がある病院、もしくは皮膚科へ行くとよいでしょう。

びまん性脱毛症の原因ははっきりしていないので、完治するかどうかはわからないのですが、血液検査や頭皮の検査で原因を探ってくれます。
また、治療法としては、レーザー等の治療や飲み薬、塗り薬などを処方されることになります。
完全に治るかどうかはわからないですし、お値段も病院によって違いますので、先に電話等で問い合わせてから行くのがよいでしょう。

少しでも早く回復するためにも、自分でできるケアも怠らないようにしましょう。